育毛剤の副作用を避けるには?パッチテストの重要性

見てもらいありがとうございます。

管理人のたかしです。

 

 
育毛剤は色々試していますが

かぶれや湿疹などの副作用が怖いので

必ずパッチテストは使う前にをしています。

 

 

というのも、ポラリスという育毛剤で

ものすごくかぶれてしまい、

めちゃ抜け毛が増えたことがあったため。

 

新しい育毛剤を使用する前には

パッチテストをすることをお勧めします。

パッチテストとは?

パッチテストとは、薬品を使う場合にアレルギー症状が

出ないかどうか確認するためのテストです。

育毛剤など、開封していきなり頭皮につけてしまうのは危険です。

 

 

もしアレルギー症状がでて頭皮がかぶれてしまうと

最悪、髪が抜けるほどのダメージを追ってしまいます。

 

 

そうならないために、まずは手首などにつけてみて

アレルギーがでないか確認します。

 
ではパッチテストのやり方です↓

パッチテストのやり方

簡易的なパッチテスト

育毛剤などテストしたいものを、二の腕や手首のあたりに塗ります。

10円玉くらいの範囲を塗ってそのまま半日以上様子をみます。

 

 
もしアレルギーがでるのであれば、

赤くなる・かゆみがでる

湿疹がでる

などの症状がみられるので、

使用はやめておいた方が良いという事になります。

48時間パッチテスト

アレルギーには、即時型と遅延型といって早くでるものと遅くでるものがあるので

特に、肌が弱いという人は、こちらをおすすめします。

ガーゼを用意して、そこにテストしたいものを塗り

二の腕や手首などにつけて絆創膏やテープなどで固定します。

 
48時間、成分に触れた状態でも

アレルギーがでないかどうか?確認する方法になります。

お風呂でもテストの部分はぬらさないように注意です。

 

 

パッチテスト動画↓(アルコールのパッチテスト動画ですが参考に)

 

もし育毛剤で副作用がでてしまったら?

育毛剤でパッチテストをせずに使ってかぶれがでてきた場合

パッチテストをしたけど、後からだんだんとアレルギーがでた場合

対策を知っておいてください。

 
基本はすぐに成分を洗い流す事です。

とりあえず頭皮についたものを洗い流します。

 

 

そういう状況でなければ、

濡れたハンカチなどでふき取っても良いです。

 

 

かゆみや赤み、湿疹がでるようであれば

ドラッグストアで”抗ヒスタミン”の内服薬を買ってください。

(薬剤師さんに相談を)

 

 

頭皮の部分なので、皮膚がとてもデリケートであり

他の部分より、薬の吸収などもしやすくなっています。

 

 

赤みや湿疹が消えない、または悪化するようであれば

病院を受診して皮膚科の先生に診てもらいましょう。

 

 

緊急にできる処置としては

☑すぐに洗い流す

☑患部を冷やす

☑抗ヒスタミン薬(鼻炎の薬など)を飲む

 
という事になります。

 

 

こういった副作用が起こった場合として

育毛剤は”返金保証”をつけているものがあります。

 

 

どれだけ効果が高くても、

かぶれや皮膚炎などがでてしまっては

髪は生えてこないので、ここは重要ですね。

 

 

 

パッチテストについて書いてきましたが、

育毛剤を使う場合にはパッチテストは特に重要です。

頭皮は他の部分よりも皮膚が薄く

吸収が良いとされるため、

薬などの影響も受けやすいからです。

 

 

 

あたらしいものを使う際は、必ずテストするようにしてください(^^
以上、参考になれば

 

PR:肌が弱いのであれば↓

副作用やかぶれがほぼない育毛剤

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ