知ってないとやばい?M字ハゲの原因と改善する方法は?

「M字ハゲの原因と改善する方法について」今日のテーマです。

M字ハゲは早い人だと20代のうちから結構きてるな、、
という人もいます。

原因をしっかり抑えて日頃からケアをすることが大切です。

また、回復力の強い若いうちから
毎日ケアすることが大事です。

M字の原因と改善のケアを詳しく書いていきます。

 

M字ハゲの原因と今日からできる改善方法

M字ハゲの原因について

M字ハゲの原因は男性ホルモンと言われますが

 
それだけではありません。大きくは3つあります。
1:男性ホルモン

 
男性ホルモン(テストステロン)がⅡ型5αリダクターゼという

 
酵素の働きでDHT(ジヒドロテストステロン)に変わります。

このDHTが毛母細胞を攻撃し、毛髪周期が短くなってしまいます。

 

 
2:生活習慣

 
食生活、運動不足、睡眠不足、ストレスなど

 
生活習慣は頭皮環境に関係してきます。

頭皮環境の悪化から急に脱毛へつながる場合もあります。

 

 
3:遺伝

 
Ⅱ型5αリダクターゼの多さや男性ホルモンの量

 
また、影響を受けやすいかどうか?など

 
体質は遺伝します。

母型の祖父の影響が強いという事が言われています。

 

よく間違われる考え方

 

☑体毛が濃い人は薄毛になる

 
:ホルモンの影響度などもあるので、一概にはいえません。

☑ハゲは遺伝する

 
:ハゲるのが遺伝するわけではなく、ホルモンの影響度など

 
体質が遺伝するということなので、

 
親がハゲているからと、落ち込むことではありません。

☑AGAは年齢が原因となる

 
男性型脱毛の場合は、加齢が原因とはならないようです。

 
あくまで男性ホルモンなどの影響になります。

 

M字ハゲの改善方法

1:男性ホルモンを抑える

 
☑運動で汗をかく

 
汗をかくことで、汗からDHT(ジヒドロテストステロン)をだします。

有酸素運動は、ストレスや男性ホルモンに影響するので

 
時間の取れる人はオススメです。

☑食品から

 
イソフラボンを摂る:豆腐や大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンのような働きをして

 
男性ホルモンを抑える、5αリダクターゼを抑える働きがあります。

 
☑亜鉛を摂る

亜鉛が多いのは、カキやレバー、大豆、乳製品などです。

 
亜鉛はタンパク質に栄養も運ぶ大切な栄養素なので

 
こちらは特に大切です。

 
☑サプリメント

上で書いている、イソフラボンや亜鉛などを

 
サプリメントで摂る。

 
個人的には一番オススメです。

食事からとると、毎日手間がかかることや

 
摂れる量も微量な事が多い。

 

☑薬で抑える
プロペシアという薬で5αリダクターゼは抑えることができます。

 
有効成分は”フィナステリド”

こちらはAGAのクリニックなどでだしてもらう場合が多いです。

効果は最も強いと言えます。

 

方法2:生活習慣

 
☑有酸素運動をする

 
:男性ホルモンの量などにも影響します。

☑睡眠をしっかりとる

 
:髪の成長に欠かせない成長ホルモンは22時~2時に

 
一番量が多くなるとされます。

 
しかしそれよりも5時間以上はしっかり睡眠をとることです。

☑食生活

 
栄養不足の時に初めに栄養がいかなくなるのが髪です。

 
タンパク質やビタミン、ミネラルはバランスよくとることです。

ファーストフードやインスタントなどがどうしても多く

 
食生活が乱れがちな人にはサプリメントがオススメです。

 
すでにM字がなんとなくわかるくらいきてる、、

 
という人は早めに対策するほうがいいでしょう。

 
☑頭皮マッサージ

 
頭皮の血行は栄養に関係してくるので

 
ばかにできません

 
髪がしっかりしている人はこういうところのケアをしっかりしています。

 
改善3:遺伝を知る

 
薄毛の体質は母型の影響が強いという事が言われているようです。

母親の祖父の家系を見て

 
薄毛の家系であれば注意です。

上記のようなケアをしっかり行うことをおすすめします。

 

 
M字ハゲを改善するには、日常生活の改善からです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ