育毛剤って効果はあるの?実際に使ってみました!

「育毛剤に効果はあるのか?」今日のテーマです。

 

薄毛が気になるとまず
育毛剤や育毛サプリから試す方が多いのではないでしょうか。

 

しかし本当に効果があるのか?
効果があるとしたら、どんなものがいいのか?
 
この辺について書いていきます。
 

 

育毛剤の効果、育毛剤に含まれる成分

 
代表的な育毛剤の成分から効果を書いていきます。

 

1:ミノキシジル

→発毛を促進します。

もともとは高血圧の治療薬として使われていた成分です。

血管を拡張する作用から

 

高い発毛効果が発見されて
育毛剤として使われるようになりました。

 

:センブリエキス

→頭皮の血流をよくします。

センブリという植物由来の成分で
頭皮の血流をよくして頭皮への栄養を運ぶのを助けます。

 

3:アデノシン

→毛母細胞を活性化します。

ビタミンB群の一種で、細胞の活性化に働きます。
毛母細胞を活性化して、発毛を助けます。

 

4:グリチルリチン酸

→炎症を抑えます。

抗アレルギー作用や抗炎症作用により、頭皮の炎症を抑えて
頭皮環境をととのえ、脱毛をふせぎます。

また、殺菌作用もありまる。

 

5:サイトプリン

→毛根の再活性化に働きます。

植物ホルモンの一種で、細胞の分裂を促進する作用があります。
毛母細胞での分裂が発毛にはたらきます。

成分だけで見ると、効果はありそうですね(^^)

 

育毛剤はどんなものがいいのか?効果のあった育毛剤を画像つきで

どんな育毛剤を選ぶべきか?悩むところだと思います。

 

個人的な意見として、発毛させる成分より

脱毛を抑えることに力をいれたものをおすすめします。

 

 

最強の育毛成分はミノキシジルですが

これは外用ではなく、内服でとるべきです。

 
育毛剤は頭皮環境をととのえ

脱毛を抑えることをメインとして使う。

これがほんとに重要だと思います。

 

育毛剤はいろいろと試してきましたが

僕の使っている育毛剤についてこちらで書いています。

 

M字ハゲ回復の育毛剤プランテルについて

 

●頭皮が赤く抜け毛が多かったのが治ってきた

●M字ハゲに濃い産毛が生えてきた

 

という効果があって、続けて使用しています。

昔の僕のように頭皮の赤みや炎症がある人は、

菌が増えてしまっている証拠なので黄色信号です。

 

そのままほおっておくと炎症が原因で一気に薄毛が進行します。

 

そういう意味では、育毛剤で早めに対処するほうがいいでしょう。
参考になれば嬉しいです(^^)

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ