薄毛は男性ホルモンだけのせいではない?ほんとの原因は?

体毛が濃い人は将来薄毛になると
 
よくいわれます。
 
 

僕も体毛が濃いほうで
 
昔から将来ハゲるとか言われてきました、、。
 
 

ただし、男性ホルモンが
 
直接働いて脱毛が起こるわけではないので
 
必ずそうなるとも言えないんです。
 
 

薄毛の原因について詳しく書いていきます。

 
 
 

薄毛と男性ホルモンの関係


 
 
男性ホルモンの量は体毛の成長に関わっているので
 
体毛は濃くなります。
 
 

しかし体毛が濃い人はみんな薄毛かというと
 
そうではないですよね?
 
 
 
男性ホルモンが直接脱毛を起こすのなら
 
ほとんどの男性が薄毛になってしまうはずです。
 
 

そうならないのは、
 
5αDHTという物質や皮脂の分泌が
 
脱毛に関わっているためです。
 
 

 

薄毛と男性ホルモンと5αDHTとの関係

 
 
5αDHTというのは、
 
最も強い脱毛因子のひとつです
 
 

5αDHTがどうやってできるかというと
 
男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素と
 
反応することによってできます。
 
 

5αDHTが毛乳頭や毛母細胞に働きかけ
 
脱毛を促進させてしまうのです。

&n bsp;

なので、男性ホルモンが直接脱毛を引き起こす
 
というわけではないのです。
 
 

5αDHTを抑える方法は
 
また次回に書いていきたいと思います。
 
 
 

薄毛と男性ホルモンと皮脂の関係

 
 
皮脂が多い事
 
実はこれも薄毛に関係してきます。
 
 

人は一般的に年齢とともに皮脂の分泌が増え
 
30代でピークを迎えます。
 
 

ちょうど薄毛など気になってくる頃ですね。
 
 

皮脂の分泌する皮脂腺も
 
男性ホルモンによって発達するのです。
 
 

皮脂が多い場合、
 
過剰な皮脂が毛穴をふさいでしまいます。

 
 
そこに雑菌が繁殖したり
 
炎症が起こる原因となってしまうので
 

皮脂の過剰な分泌が
 
脱毛の原因となってしまいます。

 

薄毛と皮脂の関係について、僕の恐ろしい抜け毛につながった
 
体験とともに、詳しくこちらで書いてます
 
 
薄毛と皮脂の関係について

 
 
薄毛となる原因について書いてきました。
 
 

男性ホルモンが直接脱毛させているという
 
事ではないとわかったかと思います。
 
 

ポイントは
 
5αDHTと皮脂です。
 
 
 
皮脂の分泌は30歳でピークを迎えるので
 
薄毛がすすむ最も危険な時期と言えます。
 
 
 
まずは食事やお手入れで
 
皮脂の分泌を正常に保つことから始めましょう(^^)

 
 
参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ