薄毛は遺伝するのはうそ?ホルモンとの関係とは

父親が薄毛だから、、と
 
将来ハゲや薄毛に悩まされるんだろうなと心配になる
 
30代、最近では20代も多いのではと思います。
 
 
その心配をするのは
残念ながら間違いではないです。(;^_^A
 
 

しかし、薄毛が遺伝するという考えは間違っており
 

そう悲観するものでもないと
 
個人的に思ったので、そこについて書いていきます。
 
 

薄毛と遺伝の関係

 
 
父親や母親の親戚や家系で
 
薄毛の人が多い場合
 
自分も将来はそうなる可能性が高い
 

というのは間違いないです。
 
 
私も父親の家系がハゲばかりで
将来ははげるんだろうな、、、
と高校生くらいから心配してました(;^_^
 
 

それもあって
遺伝との関係はよく調べてました。
 
 

遺伝するのは薄毛ではなく体質

 

男性に多い、男性型脱毛は
 
男性ホルモンが主にかかわっています。

 
 
それに5αリダクターゼという物質がかかわっています。
 
 

この量であったり男性ホルモンの分泌が盛んである
 
それが薄毛につながるわけですが
 
こういった薄毛になりやすい条件が遺伝するのです。
 
 
また、毛穴の数は一人ひとり違って
 
あとから増えることはないと言われます。
 
 

脂性肌、乾燥肌、汗をかきやすい
体が冷えて血行が悪くなりやすい
 
 
こういう体質も薄毛の原因となり
こういった体質が、遺伝するのです。
 
タバコを吸ったりパーマをかけまくったりしても
 
全然髪が薄くならない人がいます。
 
 
逆に一度、髪をそめたくらいで
 
一気に薄毛になってしまったという人もいます。
 
 

どちらも髪や頭皮に負担をかけるのですが
 
体質によって、まったく大丈夫な人もいれば
 
全然弱い人もいるんです。
 
食べ物とかでもそうですよね?
 
頭皮は皮膚と同じですから
 
アレルギーとかでやすい人、でにくい人
 
赤くなりやすい人、なりにくい人がいる。
 
 
ようはそういう差が
薄毛のなりやすさにつながるんだと思います。
 
 
 
ここからが重要ですが

 
 
遺伝するのが体質であるなら
 
防ぐ対策をとればなんとかなるということです。
 
 
 

薄毛は正しいケアで確立を下げることができる!

 
 
以前は、髪の毛や薄毛に対しても
 
正確な情報がなかったので
 
昔の人は原因もわからず、今になって薬に頼るだけです。
 
 

今はいろいろ効果的な商品や、知識などあり
 
正しいケアさえすれば、
 
親世代のようにハゲてしまうことはないと思います。
 
 
 
出来ることとして例えば
 
 
頭皮のマッサージ
 
亜鉛のサプリをとる(抜け毛予防)
 
植物性のタンパク質をとるようにする
 
たばこやお酒をひかえる
 
インスタント食品はやめる
 
 

など、とりあえず悪い習慣をやめ
 
頭皮の環境をよくすることを目指せばいいと思います。

 
 
そのうえで
 
総合のサプリメントや育毛剤
 
ヘッドスパなど
 
 
とりいれられるものをしていけば
 
心配するような未来にはならないでしょう。
 
 
 
今の高齢者の世代で、薄毛やはげの人が多いのは
 
 
こういう有効な情報がなかったためだと思います。
 
 
薄毛が遺伝する、、という間違った認識をすてて
 
正しいケアをしていきましょう(^^)
 
 
参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ