育毛したい人のための食事とそのポイント

「育毛したい人のための食事」

 

育毛のためにはどんな栄養がひつようか?

何を食べればいいのか?というのを書いていきます。

 

薄毛や抜け毛が気になる人は、まず食事から

変えようと考える人も多いと思います。

 

ごはんや生活習慣は薄毛に関係しているので

毎日のごはんがやはり大切です。

 

 

育毛のための栄養は3つ

育毛のための3大栄養をおぼえてください

 

  • 1:タンパク質
  • →髪の毛の99%が「ケラチン」というタンパク質でできています。
  • 髪の毛のもととなるものなので、一番たいせつな栄養です。

 

  • 2:ビタミン
  • →髪に良いビタミンはビタミン(A、B2、B6、C、E)と言われています。
    ストレスをへらすなど髪や頭皮に大事なものとなります。

 

  • 3:ミネラル
  • →栄養を髪におくる作用があります。
    特に大事なのが「亜鉛」です。
    亜鉛は髪の「ケラチン」をつくるために大事な栄養と言われています。

 

 

育毛のためにはこの3つの

栄養が多い食品をとるようにします。

 

 

 

育毛のための栄養が多い食品はこれ

 

食品を覚えるのに便利な言葉

「ま・ご・わ・や・さ・し・い」

 

  • ま:まめ「大豆・豆腐・納豆など」
    →植物性のタンパク質が多く、ビタミン、ミネラルも多い。
    イソフラボンのもととなる成分も。

 

  • ご:ごま
    →体がさびるのを防ぐ成分のある栄養素が多い

 

  • わ:ワカメや海藻類など
    →ミネラルが多く食物せんいも多い

 

  • や:野菜類
    →ビタミン、ミネラルが多くて食物せんいも多い

 

  • さ:魚類
    →良質なタンパク質やDHA、EPAが多く
    摂りすぎたコレステロールをさげる栄養がある。

 

  • し:しいたけやキノコ類
    →ビタミンや食物せんいが多い

 

  • い:イモ類
    →ビタミンCや食物せんいを含む

これらの食品を食べるようにします。

 

 

本気で育毛をめざすなら育毛サプリメントを

 

 

髪をふやす、髪にコシやハリをと考えるなら食事だけでは難しいです。

 

僕の場合、抜け毛がひどい時があり

育毛サプリをいっしょにのむようになり改善しました。

 

「亜鉛」や「イソフラボン」も入っていて素直にいいものと思えるものでした。

 
髪の栄養をこれ1つで、育毛サプリメント「ボストン」について

 

●髪にコシがなくなってきた。

●最近抜け毛が多くて気になる。

 
というような人は栄養が足りていない可能性があり

ほっておくと、取り返しのつかないことにもなりかねません。

 

 

そう考えると、早めに対策したほうがいいでしょう。

 

食事から見直すことや育毛サプリは

育毛の第一歩としてはオススメできます(^^)
参考になればうれしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ