薄毛にマッサージは有効?有効なマッサージのポイントとは?

頭皮の血行促進は薄毛に効果があるのか?
実は薄毛対策としてまず一番に取り組むべき

と言われるほど

頭皮のマッサージは重要で効果的です。

 

自宅のお風呂などで気軽に始められるので、
まったくやっていなかったという人は

今日から早速やるべきです

 

今日はその効果と、ポイントについて書いていきたいと思います。

 

薄毛にマッサージ、なぜ効果的なのか?

人間の血液は、食事などでとった栄養や酸素を
体の細胞へ運ぶという、とても重要な役割があります。

 

なので、運動不足やストレス、寝不足などにより
血行不良を起こすと
体に栄養がいかず、毒素がたまり
体調が悪くなったり病気の原因となったりします。

 

これと同じことが髪の毛にも言えます。

しかも頭皮の温度は体温より少し低く
血液が流れにくい状態のようです。

このため、髪の毛にとって
頭皮の血行は命のみなもとといえるくらい重要なのです。

薄毛対策に、頭皮のチェックとマッサージが有効!

まずは頭皮のチェックです

朝起きたときに、頭皮の色を確認して
赤黒いような感じであれば注意です。

頭皮の血行が悪く
栄養がしっかりいっていない可能性があります。

食事や運動もいいですが
マッサージが効果も早く効果的です。

頭皮のマッサージとポイント

「百会(ひゃくえ)」というツボが頭のてっぺんにあります。

両方の耳から頭のてっぺんに向かうポイントと
鼻から頭のてっぺんに向かう
これが重なるところが「百会」です。

ここを指の腹で強くおす。
もしくは円を描くようにもみほぐします。
「風池(ふうち)」というツボが襟足の部分にあります。

後頭部の首の付け根あたりから、上に向かい
止まった部分です。

ここを指のはらで強くおす。
もしくは円を描くようにもみほぐします。
この2つのツボを中心にまずは1分くらい
マッサージすることをオススメします。
ここからは私がいつもやっているやり方ですが

やはり生え際とつむじのあたり
ここがきになるんです(;^_^

なので、ここを中心にマッサージします。
生え際の皮膚を人差し指と親指の
指の腹でつかむように
もみほぐします。

つむじの部分も同じように2本の指で、
指の腹でつかむようにもみほぐします。

さらに
生え際の皮膚を指の腹で
円を描くようにして動かします。

おでこの部分全体と
つむじの辺りと。

どのくらいマッサージしているか?というと
お風呂で、4~5分くらいです。

湯船につかりながらのんびり毎日やっています^^

効果のほどは、、
毎日続けると、頭皮が柔らかくなり
頭皮の色もよくなったという感じです。

 

実際に以前テレビで
同様のマッサージにより、血行がよくなる
証拠の映像を見たことがあるので、

実はオススメの方法です^^
頭皮の血行が悪いと
栄養がいかず、髪自体が育ちません。

市販されている育毛剤も
実は頭皮の血行を促進するものです。

とりあえず育毛剤を買って、髪を生やそうと
考える人がいますが
やるべき順番が逆です。

わかりますか?

まずはマッサージなどで頭皮の血行をしっかりさせてから
頭皮環境を整えて育毛剤を使う。

そうでないと
育毛剤の効果も半減するというのもわかると思います。
薄毛対策で悩む人はまず
頭皮のマッサージから始めることをオススメします^^
参考になれば嬉しいです

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ