コラーゲンペプチドに育毛効果が!薄毛対策に上手に摂る方法は?

「コラーゲンペプチドに育毛効果が」今日のテーマです。

薄毛対策にとコラーゲンペプチドを
摂ろうと思っている方は

その育毛効果と、上手に摂る方法が知りたいかと思います。

詳しく書いていきます。

 

コラーゲンペプチドの育毛効果と薄毛対策

 

 

 

 

コラーゲンペプチドの育毛効果

 

まず、コラーゲンペプチドとは
ゼラチンを消化吸収しやすくするため分解したものです。
ゼラチンはコラーゲンを吸収しやすくするため分解したものなので、

 

 
コラーゲンペプチドは
コラーゲンをめっちゃ分解したものですね(^^)

 

 

コラーゲンを摂ることでなぜ育毛につながるのか?

皮膚の一番下の部分「真皮」
この真皮の大部分はコラーゲンでできており
コラーゲンの摂取が頭皮の柔軟性や保湿、ハリに影響します。
頭皮の柔軟性やハリが良くなると
頭皮の血行が良くなります。

 

 

髪の毛や細胞の栄養は血液から運ばれるので
血行の改善が育毛につながるというわけです(^^)

 
つまり

 

 

コラーゲンペプチド→頭皮のハリ「血行」改善→

頭皮、髪への栄養が増える→育毛効果!

 
こうやって考えると
すごく効果がありそうですね(^^)

 

 

 

 

 

あと、コラーゲンが髪を太くするという事実を
実証した研究もあるようで

その効果は確かなようです。

 

 

 

コラーゲンは育毛に効き目がないといううわさ?

 

 

上で書いた効果とは逆に、効果がないのでは?といううわさもあります。

これはコラーゲンの吸収に関係している意見といえます。

 

 

どういうこと?

コラーゲンは体内に入れたとしても
一度アミノ酸に分解されます、、

 
なので、一時的にコラーゲンを摂りました!と言っても
そのまま、コラーゲンとして頭皮に行くわけではないので
効果も実証できるほどではないという事です。

大事なのは、吸収の良いコラーゲンを継続して
毎日とり続ける事。

 

 

これによって、しっかりと頭皮のコラーゲンの量にも
しっかりと影響が表れると思います(^^)

 

 

育毛!薄毛対策に!コラーゲンペプチドを効果的にとる方法!

コラーゲンペプチドは

コラーゲンを分解したゼラチン、これを
さらに分解したものなので、食品からはとれません。

 

摂ろうとするならコラーゲンをたくさんとるか

サプリメントで直接とるか

の2択になります。

 

 

どちらがいいのか?

 

 

これは、もちろんサプリメントで直接とる方法です。

なぜなら、吸収率が全然違うからです。
ネットの情報では、

 

 

コラーゲンの1日に必要な目安の摂取量は
5000mg~10000mgと言われていますが
日本人の平均摂取量は1900mg程度のようです。

また、コラーゲンを食事からとっても
吸収率が悪いので食事からだけでは難しい。
なので、食事に加えて

サプリメントから摂ることをオススメします(^^)

 

 

 

 

僕の場合は、コラーゲンペプチドや

育毛に効果的なノコギリヤシや亜鉛などの成分を

総合的に含んだサプリメントを飲んでいます。

 

 

Lリジンという育毛剤の効果を増加させる成分も含み

色々試した中でも

これは良いと思えるサプリメントでした。

 

ボストン(育毛サプリ)の効果

●薄毛は気になるが何もしていない

●将来が心配だけど何をしていいか分からない

という人はサプリメントから始めるのがいいでしょう。

一度毛髪周期が乱れると進行は早いので

そういう意味では早く対策する方がいいでしょうね。

 

 
参考になればうれしいです^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ