薄毛にタンパク質は重要?摂りすぎはダメ?

髪の毛は、そのほとんどがアミノ酸がくっついてつくられた
タンパク質からできています

そのためか、とりあえずタンパク質を
とっていれば髪の成長にはいいんだというイメージがあり
とにかくたくさんとろうとする人がいます。
心当たりないでしょうか?

 

これには注意が必要で、その点について詳しく書いていきます。

 

 

薄毛に良いタンパク質とは

タンパク質は髪のもとになるとはいえ
レバーやお肉、魚などからどんどん取ればいい

というものではないです。

 

タンパク質にも動物性と植物性というように

種類があります。

 

動物性のタンパク質
肉や魚をとりすぎると、内臓脂肪がつきすぎ
内臓の働きが悪くなったり
血液の状態を悪くする原因にもなります。

 

大事なのは、良質のタンパク質

植物性のタンパク質をとることです。

 

代表的な食べ物としては
豆腐などの大豆製品、玄米、イモ類などがあります。

 

植物性の食品をとることで
良質のタンパク質をとり
髪の健康を支える結果につながります。

 

薄毛にはまずタンパク質?必要な理由とは?

髪の毛はそもそも何でできているか?というと
99%が「ケラチン」というタンパク質でできています。

この「ケラチン」を細かく見ると
シスチンやグルタミン酸などアミノ酸やミネラルなどで
できているわけです。

さらに細かく「シスチン」というアミノ酸ですが
”メチオニン”という必須アミノ酸からつくられます。

この”メチオニン”というのが、体内でつくられないわけです、、

なので、食事から毎日とらないといけないわけで
そのためにメチオニンなどを含むタンパク質をとらないといけないわけです。

 

毎日の食事からは

動物性のタンパク質ではなく

豆腐などの大豆製品、玄米、イモ類などから

良質のたんぱく質をとれればいいですね^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ